院長こ挨拶

院長

おはようございます, 韓国障害者開発院長 -。

当ホムページにアクセスいただきましてありがとうございます。

韓国障害者開発院は障害者政策開発・研究と政策支援を実施する一方、便利な環境づくり、職業リハビリ、職業開発、障害者優先購買の活性化、中央および地域発達障害者支援センター運営など障害者のよりいい暮らしの責任を負っています。

韓国障害者開発院は此の31年間障害政策専門機関として、障害系と社会の声に耳を傾けながら多くの成果を収めました。

これからも絶えざる変化と革新で'障害者と共に暖かい包容社会を実現する韓国の代表機関'として最善を尽くします。

このため、一つ、環境の変化に対応する政策開発・支援する機関として革新的障害者政策のパラダイムーをリードします。
二つ、安全で便利な物理的環境づくりを通じて皆に平等な社会環境を支援していきます。
三つ、相対的に疎外されてきた障害児と発達障害者のためのサービス支援体系を確率し皆が共生する社会を実現します。
四つ、障害者が経済的に自立できる基盤を作り、現政府で推進する雇用創出と疎通中心の機関経営に力を入れ、国民から信頼される機関になります。

去る31年が障害者がもっとも人間らしく暮らすめに障害者福祉の基盤を築く期間だったとすれば、これからは障害者一人ひとりに触れられるサービスを提供するために制度を発展していく時間になると思います。

今後ともいっそうのご支援とご協力をお願いいたします。

韓国障害人開発院長 -

TOP